怖い病気の脳梗塞【予防して完全ガードする】

脳

日本における脳卒中の原因

毎年五十万人の発症者

病院

脳梗塞は脳の血管が詰まる事で引き起こされる症状で、酸素や栄耀の不足で壊死する事を指します。正常時から五分の一から十分の一くらい低下し、それが長期間続くと脳梗塞になります。日本においては毎年五十万人以上が発症しており、その内寝たきりの患者が全体の三割となっています。死亡率も高く、仮に一命を取り留めたとしても、何らかの後遺症を残る可能性があります。発症者は高齢者に多く、女性に比べて男性の方が発症リスクが高いと言われています。これは男性の方が社会的ストレスを受けやすく、またアルコール摂取量や喫煙者が多いためです。脳梗塞と言えば突然発症するイメージもありますが、徐々に進行して認知症などの症状を引き起こす事もあります。

三つの分類と予防策

脳梗塞はアテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症、ラクナ梗塞の三つに分類する事ができます。アテローム血栓性脳梗塞は比較的太い血管が動脈硬化を起こして詰まってしまう状態の事です。加齢や高血圧、さらには糖尿病や糖質異常症などが主要な原因とされています。心原性脳塞栓症は心臓できた血栓が血液と一緒に流れていき、それが脳に詰まる状態の事を指します。ラクナ梗塞は脳の深い場所にある血管が詰まる事によって小さな脳梗塞ができる状態の事です。脳梗塞の発症リスクは生活習慣の改善で抑える事ができます。アルコール摂取量の調整、禁煙、コレステロールの多い料理の見直しなどです。また普段の運動不足を改善する事でも効果があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 怖い病気の脳梗塞【予防して完全ガードする】 All Rights Reserved.